平成25年4月より当院外科の科長として赴任しました木村と申します。仙台の救急病院で救急医療、消化器疾患、乳腺疾患、肛門疾患と幅広く対応しながら、外科部長として15年間務めて参りました。
 この度、平成25年7月より一関病院に肛門外科を開設致しました。外科と兼任ということになりますが、肛門疾患に限れば年間約100例の手術を行って参りました。岩手県南地域は肛門科の病院、特に手術が行える病院が少ないようですので、肛門周囲の症状で悩まれている方は是非ご相談下さい。

主な対象疾患

① 内・外痔核、脱出性痔核、直腸粘膜脱、痔ろう、裂肛、肛門・直腸周囲膿痬、
    直腸脱、臀部膿皮症、毛巣洞などの良性疾患
  ② 直腸、肛門の悪性腫瘍の診断(治療は外科で行います)

当科の特徴

肛門疾患のほとんどは良性疾患です。私の良性疾患に対する手術の考え方はQOL(生活の質)の保持が大原則で、低侵襲、痛みが少ない、早期の社会復帰が可能となることを重視しています。従来、根治性を重視するあまり、痛みが強く社会復帰の遅れる治療が中心であった肛門の手術は、新しい治療法の登場により、今や変わりつつあります。
  特に頻度の高い疾患は脱出性痔核(イボ痔による脱肛)と痔瘻(化膿する病気)です。
  脱出性痔核に対しては従来の痔核切除術(LE法)だけでなく、ALTA硬化療法やPPH手術といった新しい治療も行えます。この2つは肛門にメスを入れないので痛みが少なく回復が早い特徴があり、外痔核を合併しない内痔核中心の方には、これらの方法で「なるべく肛門にキズをつけずに治す」ことを考えています。ALTA硬化療法は直接、痔核に凝固剤を注入する低侵襲の治療法で、切除術を伴わない単独治療であれば極めて痛みが少なく、5日程度の入院で済みます。PPHは欧米では一般的な術式ですが、日本では当初、先進医療に指定され4年前から保険適応となりました。何年も悩んできたような全周性の脱出性痔核、直腸粘膜脱には極めて有効で、「恰好のいい肛門に戻すことができる手術」です。「生まれ変わったようです」と言われた最初の患者さんの言葉が印象的で、以後、多くの患者さんに行ってきました。
  痔瘻は的確な診断と治療が行われないと再発・増悪を繰り返す厄介な病気です。肛門周囲膿痬として発症する場合が多く、切開、排膿により一旦は軽快するのですが、肛門周囲の皮下にアリの巣のようにトンネル(瘻管)を形成し、病状が悪化することが珍しくありません。また、直腸に沿って深い方向に瘻管、膿痬を形成する深部痔瘻と呼ばれるタイプは、診断が難しく重症化するケースもあります。急に肛門周囲に腫脹感、ひどい痛み、皮膚からの排膿に気づかれた場合には、放置せず早めの受診をお勧め致します。
  診察室は肛門外科専用ではなく「外科・肛門外科」としていますので、どうぞお気軽にご相談下さい。

関連リンク
・内痔核治療法研究会

内痔核硬化療法剤による治療について”width=

人に言えない痔の悩みに! い~じ~net   

外来診療担当医

午前 木村 木村 木村
午後  手術  手術  -  手術  -  - 
                  

スタッフ紹介

氏名 役職 卒業年度 所属学会・専門医 得意分野
 木村 良直 副院長 昭和59年卒 日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
消化器がん外科治療認定医
日本乳癌学会
マンモグラフィ読影ライセンス-A
日本大腸肛門病学会
日本臨床外科学会 
臨床肛門病学会
東北地区肛門疾患懇談会 世話人
北東北肛門疾患懇談会 世話人
消化器外科
乳腺外科
肛門外科
救急医療

診療実績

   肛門外科手術症例数
2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
痔核手術 LE単独 2件 6件 6件 8件 5件
 ALTA単独 7件 14件 15件 10件 11件
 LE,ALTA併用 15件 34件 29件 37件 35件
 PPH 13件 19件 26件 30件 30件
 計 37件 73件 76件 85件 81件
 痔瘻手術   12件  23件  30件  22件  27件
 裂肛手術  1件  9件  3件  16件  8件
 直腸脱  8件  8件  6件  4件  2件
 その他   3件  7件  10件  3件  7件
 合  計  61件  120件 125件 130件 125件
 
 
 
特定医療法人 博愛会 一関病院
〒021-0884 岩手県一関市大手町3-36
TEL:0191-23-2050 FAX:0191-21-3104
Copyright (C)2010 Ichinoseki Hospital All Rights Reserved.